森迫柔道整骨院

整体、カイロプラクティックの森迫柔道整骨院 寝屋川市で首・腰の痛み悩み、骨盤・脊椎矯正、肩こり、ムチ打ちでお困りなら!

HOME»  聞け、単細胞!

細胞分裂

 

聞け、単細胞!
 

まず、ヒトの細胞の数は「60兆個」と云われます。では受精卵が何回分裂したら、60兆個になるのでしょうか?

一回の分裂で二倍になるとします。
それは、四十六回以上の分裂です。
十回の分裂で1024個(約一万個)。
二十回の分裂で1048576個(約百万個)。
三十回の分裂で1073741824個(約十億個)。
四十回の分裂で1099511627776(約一兆個)。
四十六回の分裂で、70368744177664個(約60兆個)となるのです。

この約70兆個の細胞は、「アポトーシス(Apoptosis)」と云う現象によって個体が発生する過程で、予めプログラムされた細胞の死(細胞の自滅)が起こるそうです。

例えばヒトの指が出来る時には、指の間の細胞が死ぬ事によって指が独立するのだそうです。
カエルの尾も、細胞死によって無くなるのでしょうね。

その為、「60兆個の細胞が出来る為には、もっと多くの細胞が必要になる」と思われます。
つまり、「生まれて来るまでに四十六回の細胞分裂がある」と考えられているのです。
また、「生まれてから一生の間に数十回の細胞分裂をする」と云われています。
ヒトは水の袋?

ヒトのカラダは水で出来ています。体内の水分比率は、「赤ちゃん80%、子供70%、成人60%、老人55%」と云われています。
老化と共に体内の水分比率が落ちて行くのですが、赤ちゃんの肌がプルプルしているのも、若いヒトの肌を「みずみずしい」と表現するのも、この為でしょう。

細胞は、タンパク質、核酸、糖質などの「生体高分子」と呼ばれる物と、更に脂質や様々なイオンなどが複雑な構造で組合わされていますが、これらの諸要素を結び付けているのも水なのです。

「水」と云っても、形態は変わっており「原形質」と呼ばれる物で、ドロドロとしたゼリー状をしています。
ゼリー状の中にタンパク質、核酸、糖質などが浮かんでいて、それらを「細胞膜」と云う皮膜で取囲んだ物が細胞なのです。
ヒトは、細胞が60兆個以上も集まって一つのカラダを構成し、更にその表面を皮膚の袋で包んだ「水の袋」なのです。

ヒトが受精して生まれる日数は、「十月十日(トツキトウカ)」と呼ばれるのは何故でしょうか?「十月十日」は(30日×10ヶ月+10日)の計算と違いますか?

違います。
十月十日は277日を意味するのです。
昔の一ヶ月は、旧暦(月の周期)の考えで、29.5305882日でした。
それを、数え(0が無く、いきなり1から)で計算しますから、九倍が十月(トツキ)(約266日)になります。
そして十日を加えると276日です。
母親の胎内に276日間居て、翌日に出胎しますから、十月十日は277日になるのです。

大石凝眞素美(天保四(1833)年四月十一日~大正二(1913)年四月十一日)と云うヒトは、「277」と云う数字を「神様の数靈(カズタマ)」と呼びました。

しかも「277」と云う数字は、六〇番目(東洋では元に戻る数字)の素数なのです。

「ミトコンドリアの母系遺伝」って何ですか?

野口整体

昭和六十二(1987)年。オックスフォード大学の「ブライアン・サイクス」と云うヒトは、ミトコンドリアDNAによる人類の系図に情熱を注ぎました。
ミトコンドリアは、殆どの細胞の中に含まれている生体エネルギーを作り出す大切な小器官で、その中に体細胞の遺伝子とは異なる独自のDNAを持っています。

母系遺伝
昭和四十三(1968)年。ミトコンドリアの構造の中に、細胞の核が持っている遺伝子とは別の遺伝子が発見されました。
これを「ミトコンドリアDNA」と呼びます。
その後の研究で、ヒトを含めた大部分の動物で、ミトコンドリアDNAは母系遺伝する事が確認されたのでした。
体細胞には、殆ど核があり、その中には遺伝情報がギッシリと詰まった染色体が含まれています。
ヒトの場合は二十三対、四十六本の染色体があり、男性から二十三本、女性から二十三本受け継いだ遺伝情報が記録されているのだそうです。
男性の精子も二十程度のミトコンドリアが存在しています。
しかし女性の卵子と受精した後で、何故か精子の持つミトコンドリアは消滅し、元々卵子にあったミトコンドリアだけになるのです。
従って、我らのカラダにある全てのミトコンドリアは、体細胞のDNAと違い、全て母親から受け継いだ物なのです。

あなたのミトコンドリアDNAは、母方の母から受け継いだ物であるし、その母も母方の母から受け継いでいるのですから、何代遡っても・・ミトコンドリアを伝えた先祖の女性は、たった一人に行き着くのではないでしょうか。
つまり我らは、生体エネルギーを作り出す小器官ミトコンドリアを母系遺伝し、「277日」の日数を母親の胎内で過ごしながら、「四十六回」以上の細胞分裂で「60兆の細胞」を得て生まれて来たのです。
凄いですね!