営業時間 10:00~21:00 / 定休日:火曜日・日曜日

第十二 この他キリシタンに当たる肝要の條々

  • HOME
  • 第十二 この他キリシタンに当たる肝要の條々

弟:この他にも尚、ドチリイナに当たる事有りや。
師:なか/\†ミゼリコルヂヤ(慈悲)の所作、†テヨロガル(神を目的とする)の†ビルツウデス(徳)、†カルヂナレス(主要な事)の†ビルツウデス、スピリツサントのダウネス、†ベナベンツランサ(浄福)、コンヒサンのオラシヨ、食する時のベンサン。これらの事なり。

キリスト


○慈悲の所作
慈悲の所作は十四有り。初め七は色身に当たり、後の七はスピリツに当たるなり。

○色身に当たる七の事
一には、飢ゑたる者に食を與うる事。
二には、渇したる者に物を飲まする事。
三には、肌を隠しかぬる者に衣類を與うる事。
四には、病人を労り見舞ふ事。
五には、行脚の者に宿を貸す事。
六には、囚われヒトの身を受ける事。
七には、死骸を納むる事。是なり。

キリスト


○スピリツに当たる七の事
一には、ヒトに善き意見を加ゆる事。
二には、無知なる者に道を教ゆる事。
三には、悲み有者を宥(なだ)むる事。
四には、折檻すべき者を折檻する事。
五には、恥辱を堪忍致す事。
六には、ポロシモの不足を赦す事。
七には、生死のヒトと、また、我れに仇を為す者の爲に、デウスを頼み奉る事。是なり。

○†カルヂナレスのビルツウデスは四有り。
一には、†プルデンシヤ(賢慮)。
二には、†ジユスチシヤ。
三には、†ホルタレザ(剛毅)。
四には、†テンペランサ。是なり。

○†テヨロガルのビルツウデスは三有り。
一には、ヒイデス。
二には、ヱスペランサ。
三には、カリダアデ。是なり。

○スピリツサントのダウネスは七有り。
一には、サピヱンシヤ(叡智)。
二には、ヱンテンヂメント。
三には、コンシイリヨ。
四には、ホルタレザ。
五には、シヱンシヤ(知識)。
六には、ピヱダアデ(敬虔)。
七には、デウスのチモルデイ(敬神)。是なり。

○ベアベンツランサは八有り。
一には、スピリツの貧者は、天の國を持つによってベアトなり。
二には、柔和なる者は、地を進退すべきによってベアトなり。
三には、泣く者は、喜ばせらるべきによってベアトなり。
四には、ジユスチシヤの飢渇(きかつ)有るヒトは、飽満(ばうまん)させ給ふべきによってベアトなり。
五には、慈悲有るヒトは、御慈悲をべきによってベアトなり。
六には、ココロ清きヒトは、御あるじ・デウスを見奉るべきによってベアトなり。
七には、無事有るヒトは、デウスの御子と呼ばるべきによってベアトなり。
八には、ジユスチシヤに對して辛労(しんらう)を凌ぐヒトは、天の御國を進退すべきによってベアトなり。

キリスト


○謝りのオラシヨ
「萬事叶ひ給ふデウスを始め奉り、ゐつもビルゼン(乙女)のサンタマリヤ、†サンミゲルアルカンジョ(大天使聖ミカエル)、サンジョアンバウチシタ(洗礼者ヨハネ)、貴きアポウストロのサンペトロ(聖ペテロ)、サンパウロ(聖パウロ)、諸々のベアト、また、御身パーデレに科を表し奉る。ココロ、コトバ、仕業を以て多くの科を犯せる事、我が謝りなり。我が謝りなり。我が深き謝りなり。これによって頼み奉る。ゐつもビルゼンのサンタマリヤ、サンミゲルアルカンジョ、サンジョアンバウチシタ(洗礼者ヨハネ)、貴きアポウストロのサンペトロ、サンパウロ、諸々のベアト。また、御身パーデレ、我が爲に我らが御あるじ、デウスを頼み給へ。アメン。」

キリスト


食前のオラシヨ
「デウスパアデレ、ヒイリヨ、スピリツサント三のペルサウナ御一體のデウス。我らとこの飲食の上にベンサンを唱へ給ふ樣にと頼み奉る。アメン。」

パアテルナウステル反

食後のオラシヨ
「デウスのグロウリヤ、彌に御坐まし、人間は無事に栄え、死人は不退の快楽(けらく)に至る樣に頼み奉る。アメン。」

パアテルナウステル一反。
「代々を重ね森羅萬象を修め給ひ、萬事叶ひ給ふデウス。我ら蒙り奉りたる萬の御恩賞の御礼を為し奉る。アメン。」

以上。

第一 ドチリイナ
に戻る