営業時間 10:00~21:00 / 定休日:火曜日・日曜日

足の悩み

足の悩み(外反母趾・浮腫み)

外反母趾(がいはんぼし)

外反母趾とは、足の親趾が小趾の側に曲がって行く症状の総称です。

外反母趾(がいはんぼし)
外反母趾(がいはんぼし)

趾の付け根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に、靴など履物によって締め付けられる事で、親趾が小趾側に曲り、変形した状態です。

合わない靴を履いている場合になり易く、女性に多く見られます。
特に、「踵の高い靴を長時間履いている場合になり易い」と云われます。

外反母趾(がいはんぼし)

また、幅の広過ぎる靴を履く事により、足が前に滑り、捨て寸の部分に爪先が入り込んで圧迫され発症するケースもあります。

外反母趾(がいはんぼし)

症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立の度に痛みを感じる様になります。子供や男性にも発生しています。

上記の要因によって、外反母趾とは逆に、小趾が親趾の方向に曲がってしまう症状を「内反小趾(ないはんしょうし)」と呼んでいます。

症状によって、以下の四期に分類されます。

可逆期(代償期):親趾の外反が、靴を脱いだり、マッサージした場合に元に戻る。

外反母趾(がいはんぼし)

拘縮期(非代償期):関節の炎症などが起こり、靭帯などが固まって元に戻らない。

外反母趾(がいはんぼし)

進行期(悪期):外反が自然に進行し、立っているだけで、より外に曲がって行く。

外反母趾(がいはんぼし)

終末期:親趾が他の趾に重なり、親趾の関節が脱臼した様になる。

外反母趾(がいはんぼし)

また、親趾の曲がった角度(外反母趾角)で、症状の重さが分類される。

~15度-正常
15~20度-軽症
20~40度-中程度
40度以上-重症

外反母趾の原因

「女性、遺伝、ハイヒールが三大原因である」と云われている。

外反母趾の原因

女性に外反母趾が多いのは、女性がハイヒールや先細の靴を履く傾向が大きい事も原因ですが、裸足で生活する民族の調査でも、男性よりも女性に外反母趾が多く見られる為、女性ホルモンの関与も指摘されています。

遺伝と外反母趾との関係は香港で調査が行われていて、「遺伝は、ハイヒールよりも遥かに大きい外反母趾の原因である事」が指摘されている。

ハイヒールが外反母趾の原因となるのは、

1.足が前滑りして、足先が靴先に押し込まれる。

2.ヒールが高くなるに連れて、足先に掛かる体重の割合が増える。

3.第一趾の中足趾節関節の背屈の角度と、足関節の底屈の角度が大きくなる為、中足趾節関節の両側の靭帯が弛んで不安定になり、かつ足の横アーチに関与する筋肉が弛む為開張足になる。

と云う三つの理由にある。

足病学では、距骨下関節の過剰な回内(過回内、オーバープロネーション)が外反母趾の原因であるとされ、かつこの過回内には、筋肉はあまり関与していないとされている。

出生時に、外反母趾様の母趾の異常がある場合、進行性骨化性線維異形成症の場合がある。200万人に一人の難病だが、遺伝子検査で早期診断をする必要がある。

治療

治療法には手術療法と保存療法がある。後者には靴の指導、運動療法、足底板療法(アーチサポート療法)などがある。

下半身が浮腫む

昼頃から下半身が浮腫む原因は、下半身に組織液が滞留するからです。

足の浮腫みを解消するマッサージを効果的に行うには、カラダが温まり筋肉が解れている入浴後の時間がお勧めです。

下半身が浮腫む

脚や足裏には沢山のツボがあります。
そこをマッサージで軽く刺激する事で、血行を良くして足の浮腫みを取り、解消する事が出来ます。

まず、足の指の間を解します。

それから、足趾の間に手の指を入れて足首をクルクルと回します。

下半身が浮腫む

これだけでも溜まった老廃物を押し流す事が出来ます。

下半身が浮腫む

それから、膝裏にあるリンパ節のマッサージを行う事で、足の浮腫み解消はされます。

膝裏にはリンパ節があります。
ここをシッカリ刺激して、流れをスムーズにすると良いのです。

ふくらはぎも、足の浮腫みの溜まり易い部分です。
ふくらはぎを両手で持ち、足首から膝の下まで左右交互に捻る様にマッサージします。
それから手をグーにして、足首から膝裏に向かってふくらはぎを強めに擦り上げます。

下半身が浮腫む

足の浮腫み解消の為の太腿のマッサージもします。

太腿は太いので、一気には出来ません。
ですので、裏側、内側、前側面に分けてマッサージを行うと良いでしょう。

まず、太腿の裏側は、床に座って、グーを作って膝裏から腰骨に向かって太腿の裏側を強く擦り上げます。
太腿前側は、膝の外側から腰骨に向かって、手、或いはグーで太腿の前側を強めに擦り上げます。
太腿の内側は、グーで擦り上げ、太腿の付け根まで来たら、股のリンパ節の辺りを外側に向かって擦ります。

足のケアとスッキリ美脚痩せ!

血流やリンパ液流を阻害する物は何か?それが骨格筋の慢性の疲労です。
動脈を取り巻く骨格筋が硬直していると、当然の事ながら大抵は毛細血管の部分が圧迫されて血行の障害が起きます。
つまり虚血状態になり、必要な酸素や栄養素が運ばれない為に組織細胞が正常でなくなります。そして異常が起きヤマイになります。
「その樣な慢性の疲労によって、内臓のヤマイ、他の多くのヤマイが起きている」と云う理由は頷けるものでしょう。
また、骨格筋が柔軟にポンプ役を果たさない為に、靜脈による血液の環流が抑えられてしまいます。これも色々なヤマイの原因になります。

足のケアとスッキリ美脚痩せ!

また、こうした血行の障害によって、汚れた血液が鬱滞します。
慢性の疲労を起こしていると、皮膚が黒ずんで来る事があるのは、そうした現象です。

さて、リンパ液の流れにも注意しなければなりません。
往々にしてリンパ液の樣子が見落とされています。
リンパ液の流れが障害を受ける事でも色々なヤマイが発生するのです。

血行の障害で虚血状態になって何らかのヤマイが起きている時、その原因が「慢性の疲労であるかどうか」はともかく、今、仮に懸命に施術をして血液の流れが改善されたとしても、リンパ液の流れに鬱滞があると惡しき影響を残します。

足のケアとスッキリ美脚痩せ!

ワタシの施術でも、例え筋肉が緩んで血行の障害に恢復の兆しが出て来ても、「それで充分」とは見做しません。
筋肉が柔らかくなっただけでは、まだリンパ管を圧するポンプ役を果たせない。
自動的に収縮を繰り返すまでに骨格筋が健全にならねば行けないのです。

足のケアとスッキリ美脚痩せ!

「血行が良くなり血液が潤沢に流れる樣になれば、即ち組織液、つまりリンパ液が滲み出る樣になった」と云う事です。

足のケアとスッキリ美脚痩せ!

組織液が滲み出しているのに、しかしリンパ液を流すに充分なまでに骨格筋が元の状態に戻っていないと、そのままリンパ液が鬱滞してしまい水膨れになります。

これが浮腫です。