営業時間 10:00~21:00 / 定休日:火曜日・日曜日

首の痛み

首が痛い、動かない、回らない、手がシビレる・・など、首の痛みを改善したいヒトへ。

首が痛い、動かない、回らない、手がシビレる・・など、首の痛みを改善したいヒトへ。

重い頭を細い首が支えています。首は胸鎖乳突筋とか前・中・後斜角筋とか色々な筋肉があり、カラダの中では最も良く動く関節で、頭を前に曲げたり後ろに反らせたり、回転させたり、自由自在に動かせます。
その反面、「コリを生じ易い部分」とも云えます。
つまり、「ストレスが加わったり、考え事をしたり、眞剣に取り組んだり、恨み、妬み」と云った感情などは、首の周囲の筋肉を緊張させます。
こう云う状態が長く続くと、首の周辺の筋肉が慢性の疲労に陥るのです。

これが首を始め、目、耳、鼻、口、顎、或いは血圧にまで異常を齎す時があります。
こう云う場合は、鎖骨周辺、鎖骨が肩先と関節を作る辺りにコリが出て、押すと大変痛がり、泣くヒトも居るくらいです。

首の痛みの原因

首の痛みの原因

<外傷による物>

ムチ打ち、転倒、事故、サッカーのヘディング、頭突きなど。
使い痛み(オーバーユース、反復性ストレス障害)など。

<外傷による物>

<生活習慣による物>

猫背、不良姿勢(前屈み姿勢など)、ストレートネック(俯き姿勢)、デスクワークやパソコン、スマホ首(テキスト・ネック)、工場の作業など。

<加齢、老化による物>

<加齢、老化による物>

頚椎椎間板症、頚椎症など。
加齢による頚椎(首の骨)、首の椎間板の変性により起こる物。多くの場合四十歳代以降に起こります。広義では頚椎椎間板ヘルニアも含まれますが、頚椎椎間板ヘルニアは若年層にも起こります。

<間違った施術による物>

<間違った施術による物>

マッサージ、首の無理な矯正、首の牽引(刺激量が適当で無い物)、首を鳴らす、頚椎の矯正器具(ネックサポーターやカラーなど)、ストレッチなど・・。
アナタに合わない施術を繰り返し行う事により悪化してしまう物

症状が長引き、中々癒えないヒトの場合は、この間違った施術をしている場合があります。
繰り返す首の痛みは、正しいカラダの使い方、ケアの仕方を覚える事も必要になります。

<枕や寝てる時の不良姿勢>

<枕や寝てる時の不良姿勢>

ストレス、過緊張(思い当たる理由が無いのに急に首が痛い)忙しい生活を送っていると(ストレス、重圧、葬儀など)急に首が痛く回らなくなる場合があります。この謎の首の痛みは、自律神経の働きが乱れた為、胸鎖乳突筋や肩甲挙筋、斜角筋の持続的な筋緊張が起こり痛みが起きたと考えられます。
弱い筋緊張が持続的に起こり、筋肉が耐えられる限界を越えた所で急に痛みとして自覚するので、本人は原因が良くわからない場合が多いのです。