営業時間 10:00~21:00 / 定休日:火曜日・日曜日

交通事故の障害

  • HOME
  • 交通事故の障害

実際に事故にあったら?

交通事故に遭遇したらどうする?
突発的なアクシデントに混乱するとは思いますが、先ずは落ち着いて行動することが大切です。加害者や事故状況の確認、医師の診断は何よりも優先してください。

こんなお悩みのヒトは。

事故直後の確認事項

警察への届出や加害者の情報収集、そして証人の確保など、様々な証拠を集めておくことが大切です。

1.警察に届ける

警察に届ける

加害者からの報告は義務ですが、被害者が届け出ることも必要です。
(特にケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)

また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターから交通事故証明書の交付を受けましょう。

2.相手を確認

相手を確認

被害者の確認事項として、以下の項目が必要です。

  • ①加害者の住所
  • ②氏名
  • ③連絡先
  • ④加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など
  • ⑤加害車両の登録ナンバー
  • ⑥勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先

(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけで無く雇主も賠償責任を負うことがあります。)

3.目撃者を確保

目撃者を確保

第三者の意見は万が一、相手方とのトラブルになった際に効果があるため、通行人など、事故の目撃者が居れば、その証言をメモしましょう。

また、氏名や連絡先を聞いておき必要ならば証人になってもらうように依頼しておきましょう。

4.自分でも記録

記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後の記憶が鮮明な内に現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。
記録は賠償交渉終了時まで残しておけば安心でしょう。

5.医師の診断

医師の診断

その場では「軽症だ」と思っても、「後で意外とケガが重かった」と云う例もあります。
速やかに医師の診断を受けましょう。

ムチウチの愉気法

ムチウチの愉気法

「ムチウチ」とは?

交通事故で診察してもらった際、首の部分やその周辺を傷めていたら診断書には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」などと書かれます。
この診断名は具体的に云うと「打ち身、捻挫」などです。

ムチウチの愉気法

それと、ムチウチ(鞭打ち)と云う言葉を耳にします。
どうしてムチウチになる?
「ムチウチ」と云う名前を聞くと、鞭で強く打った時にできるケガを連想しますが実際はちょっと違います。

何故ムチウチになるのか説明すると、カラダの上にある頭は意外に重く「体重の約10分の1の重さがある」と云われます。

ムチウチの愉気法

体重が50Kgのヒトだと、50Kg×10%=5Kgとなります。

ボーリングの球がカラダの上に乗っていて、それを首で支えているようなものなので、とても不安定ですが、鞭を打った時のようなCの字に動き、傷めてしまうのです。

そして追突事故が起きた時を想像できますか?首の辺りも傷め、様々な症状に悩まされます。

ムチウチの愉気法

ムチウチは直ぐに癒える?

ある程度の時間を要し、軽傷でも完治するまでには時間が掛かることが多いのです。
また、普段の生活習慣が施術期間に影響を与えてしまうことがあります。

首や肩周辺のイタミは、筋肉が拘縮していることが多く、筋肉が収縮してしまうことで、動きが制限されるのが原因です。

そして、この拘縮した筋肉を緩めることで改善をはかるので一時的に症状は楽になりますが、常に通い続けないといつまで経っても根本的には癒えないこともあります。

ムチウチの愉気法

延髓の愉気

延髓は、最も重要なる物であって、その中樞を列挙すれば、反射中樞としては眼瞼閉鎖中樞、燕下中樞、吸啜中樞、咀嚼中樞、嘔吐中樞、唾液分泌中樞、涙液中樞であり、自動中樞としては呼吸中樞、血管運動中樞、心臓調節及鼓舞中樞の如き、大々的榮養運化の中樞であり、これらに附属する神經繊維は、舌、唾液線、咽頭、食道管、胃、腸、膵臓、氣管、肺、心臓、諸血管などを主宰するから、後頭部の延髓に愉気することは最も有効なり。